ニキビ跡の色素沈着の改善に働きかける成分がハイドロキノン

ニキビ跡の色素沈着の改善に働きかける成分がハイドロキノンです。別名肌の漂白剤といわれている強い働きがある成分です。強い働きがあるので色素沈着の改善が期待できますが、使い方に注意が必要です。

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡の色素沈着はメラニンの生成によってできます。

ニキビができてアクネ菌が繁殖すると、アクネ菌を殺菌するために活性酸素を作りだします。活性酸素はアクネ菌だけでなく健康な細胞も攻撃してしまい、攻撃を受けた細胞はメラニンを生成します。

これは紫外線を浴びたときと同じ反応です。紫外線のダメージから肌を守るためにメラニンが生成されるのです。メラニンは悪いイメージがありますが、肌を守る役割をしています。

ハイドロキノンの働き

ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑制する働きと、メラニン色素を薄くする働きがあります。

メラニンの生成には、チロシナーゼという酵素が関わっています。ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を抑制します。これからできる色素沈着の予防になります。

ハイドロキノンには還元作用があり、メラニンを還元して目立たなくします。

ハイドロキノンの注意点

使用方法を守れば安全に使用できますが、誤った使用をするとヒリヒリや赤みがでることがあります。ニキビ跡の状態は人それぞれ違い、肌の状態が違えば使用方法も違います。医師の指示に従って使用をしましょう。
ハイドロキノンの使用中は紫外線の影響を受けやすくなるので、紫外線対策をしてください。曇りや雨の日、室内でも紫外線を浴びています。1年中地上に紫外線が届いているので、1年中紫外線対策を忘れないでください。

ハイドロキノン配合の化粧品の選び方

ハイドロキノンは医師の処方のもとでないと使用できなかったのですが、薬事法の規制緩和によって化粧品にも使用できるようになりました。
化粧品には1~4%ほど配合されています。配合量が多いほど効果が期待できますが、刺激も強くなります。1~3%ほどまでなら比較的安全性が高いです。