月別アーカイブ: 2015年6月

妊娠中のこむら返りを防ぐには?

妊娠中のこむら返り、かなり痛いですよね。

これでもう妊娠したくない、という人もいるのだとか。
そこで妊娠中のこむら返りを防ぐ方法をお教えします。

できるだけ筋肉をつける

妊娠前に筋肉がついているといいのですが、難しい場合もありますよね。そこで、運動不足になりがちな妊娠中にもってこいなのがウォーキング。

おなかが重くなり、外に出るのもつらいこともあるかとは思いますが、少しでも歩いておくといいですね。そうすると足の筋肉もつきますし、お産にもいいです。

寝る前にカルシウムを摂取する

こむら返りを予防するのにカルシウムがいいと知っていましたか?

妊娠中はただでさえ養分をとられていくので、積極的にとっておくといいでしょう。寝る前に1杯の牛乳を飲んだり、ビタミン剤を飲んだりするといいと思います。

おすすめはビタミン剤です。

中には葉酸が含まれているのもあるので、妊娠中にとりたい栄養がかなりとれます。

足枕を使う

足枕って抵抗がある人がいるかもしれません。まっすぐ足を伸ばして寝たいという人もいると思います。

ですが、足を伸ばさないことによりこむら返りを防ぐことができます。ポイントはひざの下に入れること。

低反発のちょっと固めのものを使うといいでしょう。

寝るときに足を冷やさない

寝るときに足を冷やさないように寝るといいでしょう。

できれば夏などでも布団をかけるのがいいですが、暑い夏はむずかしいですよね。

何より妊娠中は暑い。

そこでレッグウォーマーや長いズボンをはく、靴下をはくことによってあたたかさが足をつつみます。それでこむら返りはふせぐことができます。

まとめ

こむら返りは起きるとかなり痛くてつらいものです。ですが、それがすこしでも予防できるようにするといいですね。

以上のことをやっていたら妊娠中1度もこむら返りが起きなかったという妊婦さんもいます。

妊娠中はシップも使えないので、少しでも痛みがないようにしたいものですね。