カテゴリー別アーカイブ: 美肌

お肌のために毎日食べてほしい食物

日々の疲れや季節の変わり目、また腸内環境の乱れで一気に現れる肌荒れですが、化粧品ではカバーできるものではないので、やはり食事内容を見直すことで改善することができます。

お肌に良いと言われているもののその多くは、野菜や果物です。どんな食物がお肌に良いのかご紹介したいと思います。

「森のバター」と言われているアボカドは、ビタミン・オレイン酸・コエンザイムQ10など豊富な成分で、荒れた肌を美肌に修復してくれます。また、トマトのリコピンという成分は、紫外線を浴びたことからくる肌の活性酸素を取り除くという働きをしてくれます。

リコピンは加熱して摂取したほうが吸収率が2~3倍になると言われていますので、ぜひスープやトマトソースで食べてみてください。また野菜を皮ごと食べるという習慣を身に着けることによっても肌荒れの改善につながります。例えばにんじんは皮をむかないほうがカロチンをより多く摂取できますし、ゴボウも皮の内側にポリフェノールがありますので、白くなるまでゴシゴシをするのではなく皮を薄く削る程度で栄養を守ることができます。

また果物で考えると、バナナはビタミンB、ビタミンC、カロテンが豊富です。特にカロテンは皮膚の健康を維持してくれるビタミンAに体内で変化するという特徴があります。

ミネラルが豊富またなので便秘の改善にもつながり、腸内環境を整えてくれます。強い抗酸化力を持っているりんごのポリフェノールは、角質や皮膚のダメージから守り防いでくれます。

またオレンジはビタミンCが豊富に含まれていますので、コラーゲンの生成を促進してくれます。リン、鉄、カルシウムなどミネラルも豊富なので、栄養素の面でとてもバランスのとれた果物だと言えます。グレープフルーツはビタミンCを多く含む果物で、半分食べることができれば一日に必要な摂取量を補うことができます。

今までなかなか果物に手が出なかった方も、お肌のためにぜひ毎日食べてください。

アロエにはニキビや保湿といった美肌の効果

アロエには美容効果があります。

昔からやけどや切り傷など患部にアロエ汁を塗る民間療法は広く知られていました。アロエには殺菌効果があり、また皮膚の組織細胞を活性化させるので治癒力も高まります。この事からも分かるようにアロエにはニキビや保湿といった美肌の効果があるのです。

ですがアロエの真の美容効果はこれだけではありません。アロエにはアロエステロールというコラーゲンやヒアルロン酸を増やす効果のある成分がある事が最近発見されました。このアロエステロールの働きによって肌のハリがアップし、保湿やシワの改善にも役立ちます。

アロエステロールは何故美肌に効くのか

アロエステロールはアロエベラというアロエに含まれている成分です。

経口で摂取する事で肌の真皮にまで届きます。そこで美しい肌を保つのに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す綿維芽細胞の働きを促進してくれるのです。これによって肌はハリを取り戻し内側から美しくなります。コラーゲンを一から作り出すのではなく生成を助けるというのがポイントです。

スキンケアやサプリメントではコラーゲンを補うのはなかなか難しいのですが、アロエステロールは血管を通って真皮から美肌に働きかけます。また肌の保湿や規則正しい新陳代謝も促して紫外線を浴びる事によって起こるゴワつきやくすみ、乾燥も解消してくれるのです。

まだまだあるアロエステロールの嬉しい効果

アロエステロールの効果は美肌だけに留まりません。

摂取することで血糖値やインスリンの上昇を抑制してくれるので糖尿病予防にもなりますし、脂肪の燃焼を助けて脂質の代謝を改善し、体脂肪を蓄積させない助けをしてくれるので肥満に悩む方にも効果が期待できます。

アロエステロールの摂取方法

アロエステロールは最近になって発見された美容成分です。アロエステロールだけを摂取できるサプリメントなどはまだありませんが、ヨーグルトやヨーグルトドリンクなどに配合されたものが販売されているので試してみるといいでしょう。

ニキビ跡の色素沈着の改善に働きかける成分がハイドロキノン

ニキビ跡の色素沈着の改善に働きかける成分がハイドロキノンです。別名肌の漂白剤といわれている強い働きがある成分です。強い働きがあるので色素沈着の改善が期待できますが、使い方に注意が必要です。

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡の色素沈着はメラニンの生成によってできます。

ニキビができてアクネ菌が繁殖すると、アクネ菌を殺菌するために活性酸素を作りだします。活性酸素はアクネ菌だけでなく健康な細胞も攻撃してしまい、攻撃を受けた細胞はメラニンを生成します。

これは紫外線を浴びたときと同じ反応です。紫外線のダメージから肌を守るためにメラニンが生成されるのです。メラニンは悪いイメージがありますが、肌を守る役割をしています。

ハイドロキノンの働き

ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑制する働きと、メラニン色素を薄くする働きがあります。

メラニンの生成には、チロシナーゼという酵素が関わっています。ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を抑制します。これからできる色素沈着の予防になります。

ハイドロキノンには還元作用があり、メラニンを還元して目立たなくします。

ハイドロキノンの注意点

使用方法を守れば安全に使用できますが、誤った使用をするとヒリヒリや赤みがでることがあります。ニキビ跡の状態は人それぞれ違い、肌の状態が違えば使用方法も違います。医師の指示に従って使用をしましょう。
ハイドロキノンの使用中は紫外線の影響を受けやすくなるので、紫外線対策をしてください。曇りや雨の日、室内でも紫外線を浴びています。1年中地上に紫外線が届いているので、1年中紫外線対策を忘れないでください。

ハイドロキノン配合の化粧品の選び方

ハイドロキノンは医師の処方のもとでないと使用できなかったのですが、薬事法の規制緩和によって化粧品にも使用できるようになりました。
化粧品には1~4%ほど配合されています。配合量が多いほど効果が期待できますが、刺激も強くなります。1~3%ほどまでなら比較的安全性が高いです。

オリゴ糖は排便の促進にも効果が発揮する

世の中には数多くの食品が存在しており、人々の食生活や健康に欠かせない物となっています。
その中にオリゴ糖という物もあります。

テレビや雑誌では良く耳にする機会のあるオリゴ糖ですが、実際どんな効果があるのかについてはあまり知られていないかと思われます。
そんなオリゴ糖の効果について掲載していきます。

まず腸内環境の改善に大きな効果が期待出来る点です。
オリゴ糖には善玉菌が豊富に含まれているのです。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、悪玉菌が増えてしまうと腹痛や下痢と言った症状を引き起こしてしまいます。
しかし善玉菌が増える事によって悪玉菌を抑制する効果がある為、腸内環境に良いとされているのです。
さら腸内環境が整えられる事によって排便の促進にも効果が発揮されてきます。

排便が促進される事で蓄積されている老廃物や毒素も一緒に排出されていきます。

この効果によって血流が良好になったり皮膚組織が活性化され健康面やダイエット効果にも繋がっていくのです。
さらに食品の中で最も腸内環境に効果的となっている点です。

腸内環境に良いとされている食品にはヨーグルトや納豆、バナナ等数多くの食品がありますが、これらに含まれている乳酸菌や善玉菌は必ず効果的とは言えないのです。

人それぞれ腸内環境の状態には違いがあり、人によって効果的とされている食品が異なるのです。

しかしオリゴ糖に含まれている善玉菌はさまざまな腸内環境に適応している成分となり、万人に効果が期待出来る食品となっているのです。
しかしこれ程の強い効果のあるオリゴ糖ですが、人によっては少量でもお腹をこわしてしまう事もあるそうです。

それ程までに強い効果となっているので、まず少量を摂取して体質に適応しているのかを確認する事が重要となってきます。
健康面に絶大な効果が期待出来るオリゴ糖は美容面や健康意識の高い方に人気な食品となっています。

まずは自信の体質に合うのかを試してみて、悪影響が無ければ継続して摂取したい食品となっています。

アクネ菌の繁殖を抑えるためには肌のケアが欠かせません

ニキビに悩まされた経験がある方は多いのではないのでしょうか。特に思春期で悩まされたことでしょう。

また、思春期を過ぎたあとであってもニキビになることがあります。ですから、どの年齢であってもニキビに注意する必要があります。

ニキビの原因となる菌はアクネ菌と呼ばれています。このアクネ菌が繁殖することでニキビになってしまうのです。
ということは、アクネ菌を取り除いてしまえばいいわけです。しかしアクネ菌は常在菌なので、完全に取り除くことは不可能です。

ですから、アクネ菌の繁殖を抑えることが必要なのです。

アクネ菌の繁殖を抑えるためには、肌のケアが欠かせません。洗顔や肌の保湿をしっかりやりましょう。とはいえ、やりすぎは良くないのでほどほどにしましょう。

そうすることで、アクネ菌の繁殖を抑えニキビを予防することができるはずです。

さて、ニキビを予防しようと躍起になっていても、過度なストレスやちょっとした暴飲暴食でニキビが出来てしまう可能性があります。

万が一、ニキビが出来てしまったときの対処法も知っておいた方が良いでしょう。なぜなら、ニキビの対処法を間違ってしまうと、跡が残ってしまう恐れがあるからです。

間違った対処法が何かといいますと、ニキビをやたらと触ることです。ニキビが出来たら、気になってしまい触りたくなるのも分かりますが、下手に触ってしまうと炎症を悪化させてしまい跡が残ってしまうかもしれません。
もし跡が残ってしまったら、ちょっとやそこらでは消すことができません。そうなってしまったら、皮膚科に行くのが賢明でしょう。

間違った対処法はこれだけではありません。洗顔のしすぎもよくありません。洗顔はただでさえニキビに刺激を与えている行為ですので、やりすぎてしまえばニキビを悪化させてしまうでしょう。

洗顔はニキビ対策に有効ですが、だからといってやり過ぎず、ほどほどを心がけましょう。

ニキビに関する正しい知識を身につけ、ニキビとは無縁の肌を手にいれることを目指しましょう。

健やかな肌を保つために欠かせないのがビタミンB群と食物繊維

ニキビが起きる理由は誰の肌にも住んでいるアクネ菌と呼ばれる常用菌が増えることで
毛穴が炎症を起こしその中に膿を溜め込む事で起こります。

そしてもうひとつは体の中、血液に含まれる毒素などで肌の表面に炎症を起こすものもあります。

こういった症状は私たちが口にする食べ物が原因になることがあります。

それでは、どういった食べ物が私たちの肌に影響を与えるのか見てみましょう。

まず、健やかな肌を保つために欠かせないのがビタミンB群と食物繊維です。

そして肌に不調を招く食べ物は、このビタミンB群を消費したり吸収を妨げたりするものなんです。

?糖…糖は分解するときにビタミンB群を使い、その中でも特にビタミンB1の助けを借りて分解→エネルギーになります。
ですが摂りすぎた糖は脂肪になり肌の表面をベタつかせます。

?アルコール…アルコールは血行を促進させます。
これだけ聞くと良さそうな気もしますが、
アルコールで血行が促進されると毛細血管が拡張し、肌の表面にある炎症を酷くします。
なおかつ皮脂腺を刺激し肌をベタつかせてしまいます。

アルコールは分解されるときにビタミンB群を大量に使い活性酸素を生み出します。
そのせいで肝臓に負担がかかり、血液に毒素として流れ身体中を巡り肌に不調をもたらします。

?刺激物…唐辛子などの刺激物は適量であれば新陳代謝をUPさせ、肌を美肌へと導いてくれますが、食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかり、結果胃腸の消化吸収機能が低下してしまい体が栄養を吸収できなくなってしまいます。

カフェインなども体に刺激を与えるもので
ビタミンB群の吸収を阻害してしまいます。

以上でも分かるように、美肌に必要なビタミンB群を摂取しても、これらの食物を摂りすぎてしまうと、ビタミンB群を使ってしまうだけでなく体に取り込むこともできなくなるのでニキビなどの肌の不調を招く結果になります。

そして肌の表面に皮脂が溢れベタつかせてしまうと、毛穴の中にいるアクネ菌が活発になり増殖し、新なニキビを作り出してしまうのです。

私たちの体は食べ物を摂ることで作られています。
良い体を作るには良い資材、食べ物が必要です。

同じ食べるなら良い物を食べたいですね。