カテゴリー別アーカイブ: 妊娠中

黄体ホルモンが胃腸の働きを鈍くして、つわりの原因になっている

母になる道のりの第一歩は妊娠です。これは、非常におめでたいことであり、嬉しいことでもあります。しかし、辛いこともあり、それはつわりです。

食欲が起こらない、吐き気がする、普段好んで食べている食べ物のにおいまで嫌になってしまう、などの症状が出ると言われています。これには、多くの女性が悩まされています。

それを聞くと、なんか妊娠するのって怖いなと感じてしまうかもしれません。確かに多くの女性が悩まされているのが事実ですが、中にはつわりにならない方もいらっしゃいます。

つわりがない人の特徴ってどんな感じなのでしょうか?

それを知ることは、辛いつわりを予防する近道になるかもしれません。早速知っていきましょう。はっきりと医学で解明されていないので、こういう人は大丈夫だと言い切ることは出来ません。

ですが、ある程度のタイプはあります。胃腸が強い、ストレスを感じにくい、冷え性ではない、運動をしている、つわりがない人はこのような特徴を持っています。

妊娠すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが急激に増えてきます。今までとは違う変化が急に起こるので、体はびっくりします。繊細な体を持つ人は、このときに影響を受けやすくなります。

女性ホルモンのうち、悪さをするのは黄体ホルモンです。黄体ホルモンがたくさん分泌されるようになると、このホルモンは消化管の蠕動運動を鈍くさせるため、胃腸の働きが弱くなります。

さらに、血流を低下させ、むくみを引き起こします。このホルモンの影響で便秘になると、長時間にわたって食べ物が腸の中に溜まることになるので、行き場を失い腸内でガスが発生します。

すると、お腹が張って痛い症状が出てきます。胃は、腸が動いてスペースを空けてくれないと食べ物を消化できないようになっていますから、腸が働かないと圧迫されて、食べ物が上がってきます。

その結果、吐き気の症状が起こるのです。だけど、もともと胃腸が強かったり、運動している方であれば黄体ホルモンの影響を受けにくいため、辛い症状が出ないというわけです。

妊娠で起こる兆候と注意しておきたい事

結婚後すぐに赤ちゃんが欲しいと妊活をしているならば、体調の変化に気づきいち早く妊娠?と思うかもしれませんが、授かりものだから自然に任せて・・・という夫婦や恋人同士なら、今まで妊娠未経験の方なら、妊娠の兆候があったとしても「体調不良かな?」と見逃してしまうことがあります。

妊娠初期に起こる兆候

生理がいつも定期的に来ている方の場合、生理が1週間以上遅れていたら妊娠の予兆な事がありますし、妊娠した場合妊娠4週目以降から起こりますので、生理がある前後は特に注意しておく必要があります。

妊娠の初期症状として、生理の時のように胸が張り大きくなったり、身体全体がダルい、頭痛がする、微熱が続く、吐き気や食欲がない、食べ物の好みの変化、便秘、肌荒れ、、感情の乱れ、腹部が重いような張ったような感じになることもあります。

自分で妊娠をチェックできるのは何週目から?

もしや妊娠しかたかも?と感じた時には、薬局で販売されている妊娠検査薬を用いることは一般的ですが、妊娠検査薬は生理の予定日から1週間前頃から使うことができますが、確実ではないので気になる場合には産婦人科で検査を受けた方が一番確実です。

産婦人科への初診はいつ頃がベスト?

妊娠したかも?と思いつつも、どのタイミングで産婦人科へ行けばいいのかが分らない方も多いかと思います。生理のペースがいつも一定な方なら、生理の2週~6週目くらいなら、エコーでの検査で胎のうが分りやすいので、その頃産婦人科を受診してみましょう。

妊娠発覚♪妊娠初期に注意しておくべき事

妊娠が発覚した妊娠初期の頃は、赤ちゃんの体内の中で臓器が作られようとしている時期ですので、日々の暮らしや習慣には敏感になっておく必要があります。

身体の冷え

女性は冷え性持ちな方が多いですが、妊娠をすると体調も変わっていきますので、ちょっとしたことで体調も崩しやすくなりますので、身体が冷えてしまうと体内の血流が停滞し、胎児に影響をおよぼすだけでなく切迫流産の確率も上がりますので、なるべく身体を温めるようにしましょう。

重い物は極力持たない

重い物を持つと、身体に力が入り予想以上に負担を与えてしまいます。特にお腹への負担を考えるとよくありませんので、重い荷物は極力持たないことや、体重が極端に増えすぎてしまっても同様に身体へ負担を与えるだけでなく、糖尿や難産、妊娠中毒症、高血圧症の原因になりますので、妊娠をしても10キロ以上の体重の増減をしないようにしましょう。

妊娠中のこむら返りを防ぐには?

妊娠中のこむら返り、かなり痛いですよね。

これでもう妊娠したくない、という人もいるのだとか。
そこで妊娠中のこむら返りを防ぐ方法をお教えします。

できるだけ筋肉をつける

妊娠前に筋肉がついているといいのですが、難しい場合もありますよね。そこで、運動不足になりがちな妊娠中にもってこいなのがウォーキング。

おなかが重くなり、外に出るのもつらいこともあるかとは思いますが、少しでも歩いておくといいですね。そうすると足の筋肉もつきますし、お産にもいいです。

寝る前にカルシウムを摂取する

こむら返りを予防するのにカルシウムがいいと知っていましたか?

妊娠中はただでさえ養分をとられていくので、積極的にとっておくといいでしょう。寝る前に1杯の牛乳を飲んだり、ビタミン剤を飲んだりするといいと思います。

おすすめはビタミン剤です。

中には葉酸が含まれているのもあるので、妊娠中にとりたい栄養がかなりとれます。

足枕を使う

足枕って抵抗がある人がいるかもしれません。まっすぐ足を伸ばして寝たいという人もいると思います。

ですが、足を伸ばさないことによりこむら返りを防ぐことができます。ポイントはひざの下に入れること。

低反発のちょっと固めのものを使うといいでしょう。

寝るときに足を冷やさない

寝るときに足を冷やさないように寝るといいでしょう。

できれば夏などでも布団をかけるのがいいですが、暑い夏はむずかしいですよね。

何より妊娠中は暑い。

そこでレッグウォーマーや長いズボンをはく、靴下をはくことによってあたたかさが足をつつみます。それでこむら返りはふせぐことができます。

まとめ

こむら返りは起きるとかなり痛くてつらいものです。ですが、それがすこしでも予防できるようにするといいですね。

以上のことをやっていたら妊娠中1度もこむら返りが起きなかったという妊婦さんもいます。

妊娠中はシップも使えないので、少しでも痛みがないようにしたいものですね。