カテゴリー別アーカイブ: 妊婦さん

水素水を赤ちゃんの粉ミルク作りに使用すると将来のために

水素水を飲む習慣を作って生活しているとだんだんと効果が実感されてくる人も多いでしょう。健康面や美容面で良い影響が見られてくると、誰にでも飲んでもらいたいと思うようになります。

赤ちゃんが生まれたときには水素水を使用して粉ミルクを作ってあげた方がより健康に美しく育ってくれるのではないかと考えるのはもっともなことです。害はないのかと考えてしまう人もいますが、全く問題がないと理解しておきましょう。

基本的に水素水に含まれている水素は身体にとって害になるものを除去する役割しか果たしません。老化の原因になると言われている悪玉の活性酸素を選んで除去できるのが水素の特徴であり、外敵を退治するのに用いられる過酸化水素などの善玉の活性酸素を除去してしまうことすらないのが特徴です。

赤ちゃんに飲ませても問題がないため、粉ミルク作りに使用するとむしろ将来のためになるでしょう。まだ生まれて初々しいうちから老化を防止する水素の恩恵を受けていると、いつまでも若い姿で育っていけると期待できるからです。身体も丈夫に育ちやすいと期待できるため、病気になることも少なくて安心して育てられるという期待を持てるでしょう。

ただし、実際に使用する際には少し工夫も必要になります。粉ミルクを作る際には溶かしやすいように水を沸かして熱湯を作ってから溶かし、それを冷ましてから赤ちゃんに与えるのが基本です。

しかし、水素水を沸かしてしまうと水素が抜けてしまいやすいため、直接沸かさないようにして使用することが欠かせません。ぬるま湯程度にして頑張って粉を溶かすようにするか、高温でも使用できるようになっているサーバーを利用して少量の熱湯で溶かし、残りを冷たい水で割って冷ますという作り方をするのが良い方法です。また、ミルクの作りおきができないため、その都度作る必要があることには留意しておきましょう。時間が経過することによってだんだんと水素が抜けていってしまうからです。

一方、使用する水素水にも少し注意した方が賢明です。水に対して水素を溶かしこんだものが水素水であり、原料になっている水によってミネラルバランスに違いがあります。

赤ちゃんはお腹の機能がまだしっかりしていない場合がよくあり、硬度の高いミネラルウォーターや天然水から作られたものであるとお腹を壊してしまう可能性があるのです。硬度の低いRO水を使用しているものが最も安心できるでしょう。必要なミネラルは粉ミルクに含まれているため、硬度が低いことによる赤ちゃんの栄養不足を懸念する必要もありません。

味も強くないことから味を嫌われてしまうリスクも少なくなるため、粉ミルクを作る際にはできればRO水を原料にしているものを選んで作ると良いでしょう。サーバーを利用するとそういった選択肢が取りやすく、少量だけ利用しやすいので便利です。赤ちゃんのことも考えて自宅に導入することを考慮してみると良いでしょう。

葉酸は妊婦さんにとても大事!

妊婦さんにとても注目されているのが葉酸です。

葉酸とは赤ちゃんの脳や神経を作るお手伝いをするのにとても大事な栄養素のひとつなのです。赤ちゃんが大きく成長する過程で必要となってくるのですが、赤ちゃんの脳や神経を作るのは妊娠してからたった3ヶ月間だけです。

なので妊娠3ヶ月の間になるべくたくさん葉酸を摂るように心がけてください。もしこの間に葉酸の摂取量が不足してしまうと、脳や神経の先天性異常が起こったり、障害をもった赤ちゃんが生まれてきてしまうリスクが高まることがわかっています。

日本では予定外の妊娠が発覚するケースが非常に高く、妊娠初期の時期に妊娠している事に気づかない妊婦さんも多くいるようです。なので、一番葉酸がたくさん必要な時期に葉酸を摂取できなかった。という妊婦さんがたくさんいます。3ヶ月を過ぎてから急いで摂取しても体にはいいですが、赤ちゃんの脳や神経には手遅れなのです。できるだけ日常生活で葉酸を摂る事をオススメします。

そもそも葉酸って何に含まれいている成分なの?っと思っている方も多いと思いますが、葉っぱ系の野菜に豊富に含まれている栄養素です。日本人の葉酸摂取推奨量は成人女性で1日あたり240μgとなっています。

しかし妊婦さんになるとそれに加えて更に240μg摂取しなければいけません。合わせて480μgの量になるのですがこれがどのくらいかとゆうと、ほうれん草一束になります。一見そんなに多く感じませんがこれが毎日となると大変ですよね。

葉物の野菜以外にも多く葉酸が含まれている食品(100gあたり)を紹介します。鶏レバー1.300μg 牛レバー1.000μg 豚レバー810μg 鰻のキモ380μg 雲丹360μg 枝豆260μg 芽キャベツ220μg ほうれん草(生)210μg 菜の花190μg アスパラガス180μg このように意外と葉物の野菜よりもレバーの方が少量でたくさん摂取できたりもするのです。

ですが、やはり毎日食べ続けるのはなかなか難しいため、厚生労働省や医療機関も葉酸のサプリメントをオススメしています。サプリメントなら一粒で約400μgの葉酸が一度で摂取できるため、とても簡単に妊婦さんが摂るべき480μgをクリアできます。

効率よく葉酸を摂取して元気な赤ちゃんがすくすく育ってくれればいいですね。